『共に生きる』こと

シンカネットでは、保護犬を『飼う』のではなく、
『共に生きる』ことを大切にしています。

障害や病気があっても当たり前に動物と暮らせる地域社会を
実現していきます。

殺処分ゼロを目指す!
「シンカネット」は、保護犬とともに暮らす障がい者グループホームです。

現在日本では年間50,000 頭もの、罪のない犬と猫が殺処分されています。

殺処分される犬を障害者のグループホームで預かり、障害者の方々と共に暮らすことによって、1 頭でも多くの犬の命が救えるとともに、動物介在活動によって障害者の方々の生活の質(QOL)を向上させ、最終的にはヨーロッパやアメリカ以上に「動物フレンドリーな社会」を実現していこうと考えています。

「シンカネット」は、障害者の方々が動物と一緒に暮らすことで生活の質を高められる「場」づくりをしていくことによって、殺処分される犬を1 頭でも減らしていきます。

シンカネットの暮らしイメージ

外出のきっかけとして、元保護犬(Rescue dog)と一緒にお散歩。

市役所や病院へひとりで行くのが不安な方にはスタッフが同行することもあります。

金銭管理のお手伝いもしています。
※希望者のみ

働く場所を一緒に探します。就労先が決まった後も安心して働けるようにフォローをしていきます。

入居者同士で仲良くなって休みの日に外出することがあるかも。。。

定期的に入居者ミーティングを行います。
気持ちよく共同生活がおくれるようにみんなで話し合います。

一日のスケジュール例

料金一覧(一ヶ月)

月額利用料金 55,900円~

家賃 24,000円 or 29,000円
食費 20,900円(夕朝食※土日無し)
水道光熱費 15,000円
日用品費 6,000円(通信費含む)
家賃補助 ▲10,000円(特別給付費)

シンカネットの施設は

  • エアコン
  • Wi-Fi
  • 部屋鍵
  • ベッド

全居室完備!
さらに、入居者全員に
布団セットとバスタオルを無料貸出!